コストアップやその他条件などについて知っておくことで土地活用において様々な事態を想定できる

土地活用を考えている方の中には、税金的な部分ばかりではなく収益というものを考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。建築をするにしても木造なのかRCなのか鉄骨七日などという部分においても大きな差がでてくるのです。今回はそんな建物のコストアップについてや、合わせて地域指定や接道条件について考えていきましょう。

■建築費について
建物をたてる際の予算ばかりではなく、それ以外にも建築費がかさんでしまうというケースもあるのです。たとえば、「防災地域」に指定されている場所です。こうした地域に場合、3階建て以上もしくは延べ床面積が100ヘーホルメートル以上の建築物を立てる際、耐火建築物にするように規定されているのです。

ですから、土地の収益性というものに影響が出てしまうことにもつながるのです。こちらにおいては、「準防災地域」でも同様となっています。

■指定や条件について
共同住宅で土地活用をと考えるのは代表的な事例ともいえるでしょう。しかしながら、地域によっては共同住宅が建築できないというケースもあるのです。市街化調整区域や工業専用地域・建築協定区域などには建てることが出来ないのです。ですから、事前のリサーチが必要であるといえるでしょう。

コンサルテーション※土地活用・賃貸経営の一括資料請求サービス|アパート経営比較君 http://www.kenyonpowerboats.com/

コストアップやその他条件などについて知っておくことで土地活用において様々な事態を想定できる

さらには、土地が道路に接している長さによっては、共同住宅が建てられないというケースもありますので合わせて確認をしておくと良いでしょう。

■チェックポイントはいくつかある
これらのチェックポイントやコストアップ要因というものも実際には存在していると把握しておくと良いでしょう。その上で、土地をどのように活用していくか考えることが大切なのです。さまざまなケースを想定しながら相談されることをおすすめしたいと思います。

◆土地活用をする際に知っておきたい延べ床面積
賢く土地活用をするために先ずは自身が所有する土地のことを把握する必要があるでしょう。その中でも、基本的なものである「延べ床面積」について考えていきましょう。活用の際には延べ床面積によって方法も変わってくるかと思います。

■建ぺい率と容積率
まずは建ぺい率ですが、敷地面積に対する建築可能な面積の割合のことをいいます。ここでいう面積とは、よく言われる「建坪」のことを指します。容積率においては、敷地面積に対する建築可能な延べ床の割合を言います。例えば、50坪の土地に1会に30・2回に20坪の建物があるという場合、その容積率は「100%」となのです。

■セットバックについて
セットバックとは、建築基準法の上において建物を建てる場合は「幅4メートル以上」の道路に接する必要性があります。
しかしながら、道路の幅がそれに満たない場合、泥宇宙王から2メートルまでは建物を建ててはならないという規制がなされていることを指します。

セットバックに該当する部分についてですが先に説明をした、建ぺい率・容積率の計算には含まれません。

■道路幅による制限について
道路幅員が12メートルに満たない場合は、容積率が制限されます。住居系地域の場合、幅員に4/10を乗じた数、それ以外の場合には6/10を乗じた数字と都市計画で定められた容積率を比較して「低いもの」が適用されるようになっています。建築叶うな床面積において大きく左右される部分でもありますので事前に確認をしておくようにしましょう。

■まずは基本を知ること
こうした自身の土地に対する事柄を知っておけば、さらに土地活用もスムーズにできることと思います。改めて認識をしてよりよい活用方法を見出していきましょう。