ローサイド店舗運営のメリット・デメリットを理解して賢い土地活用を始めていきましょう

ローサイド店舗運営は、土地活用をする上においてメリットがたくさんあります。収益性も高いということもいえますので、実際にそのように活かしていきたいという声もあるようです。とはいえ、何事においてもメリットと同時にデメリットというものもあるのです。

今回はそんなデメリットについて考えていきたいと思います。

■初期投資について
建物を賃貸するという方法においてのケースですが、建物の建築資金を用立てる必要があるということもデメリットといえるでしょう。借り入れが必要となることから、最終的な手残りは少なくなってしまうようです。

■撤退について
テナントが万が一「撤退する」となった際には、当然ながら賃料収入が無くなってしまうという事になるのです。次のテナントを探すことが困難になってしまったり、場合によっては改修が求められることもあるでしょう。

■収益性の難点について
事業用借地権方式であれば、経営的なリスクは軽くて済むというメリットはあります。とはいえ、収入は地代となりますので、賃料と比較をすると大幅に少なくなってしまいます。そうした現状を考えた時、土地そのものの収益性が活かされなくなってしまうと感じる場合も出てくることでしょう。

ですから、デメリットといわざるを得ないのです。

■回避策はあるのかどうか
建設協力金は回避に有効的であるといわれています。撤退リスクについてもペナルティー条項などを盛り込むこともまた可能となっていますので活かしていくとよいでしょう。ただし、トラブルに発展した事例もありますのでしっかりとした合意を行っておきましょう。

■メリット・デメリットをしっかり考えて
このように、デメリットという部分も生じてきますので双方を合わせて考えて進めるようにしていきましょう。