土地活用において、低予算でできるのは駐車場経営であるということを覚えておきましょう

土地活用と聞くと、予算がかかるものと思って諦めていませんか。しかし、余った土地をなにもしないままでは、やはりもったいないです。また税金も固定資産税やさらに都市計画税などいろいろとかかります。土地をなにも利用しないのは、損するだけです。

■低予算でできる土地活用は駐車場経営である
土地を活用するにもいろいろな方法があります。アパート経営はかなり人気もあります。マンション経営もありますが、リスクも大きく、また初期費用もかかります。土地売却もその価格も不安ですし、また、長期間安定した収入が得たいと言うのもあるでしょう。

自分の土地のまま、活用したいと言うのもあるでしょう。そんなときには、駐車場経営を考えてみてはどうでしょうか。土地活用で種類もありますが、やはり土地の状況を見て判断するのが、まずは第一歩となります。もしも、その土地の広さがあります。

あまり広くない場合だと、アパートを建てても部屋数が少なくてあまり家賃収入を期待できないこともあります。また立地条件として、商業施設や学校などに近くない、駅やバス停などから遠いなど優れていないこともあるでしょう。しかし、そんな場合でも駐車場だと、利用者をあつめられるなんてこともあります。

駐車場を探している人も多くいます。仕事のために、家で停めるスペースがないためなど、理由も多くあります。先に書いた土地が広くない場合でも、車であれば、停めるスペースが確保できることもあります。

■最後に
駐車場もその形もいろいろとあります。平面での駐車場もあれば、立体駐車場にすることも、またコインパーキングにもできます。いろいろと用途を変えることもできて、収入も期待できます。そして、駐車場はいったん契約をすると、契約が長く続く傾向が強いですので、ぜひ検討してみるといいでしょう。