ローサイド店舗運営は土地活用の方法として取り入れている方も多くいますので是非参考に!

ローサイド店舗運営は土地活用の方法として取り入れている方も多くいらっしゃいます。1つの選択肢として考えた時、まずはそのメリットについて考えてみるのも良いのではないでしょうか。ここでは、そんな利点や魅力というものについて考えていきましょう。

■成功に導きやすいスタイル
ローサイド店舗運営は基本的なものとして「自動車」を使っての来店というものを前提としています。このことから、駅から遠い立地だという場合においてもビジネスとして成立しやすいというメリットがあるのです。アパートやマンション経営ともなると、不都合に働く部分をカバーできると言っても良いでしょう。

■収益率について
建物を貸すということを考えた時、アパートやマンションもしくはオフィスビルを経営するよりも収益は高いという傾向があります。事業用借地権方式ですと、収入が地代となりますから少し劣るものの、長期的に見ていくと安定的な収入が入るともいうことができるでしょう。

また、法律の改正にともなって最長50年の期間が設定できるようになりましたので、地代を得られる期間もまた長くなったのです。

■管理負担の問題について
アパートやマンションを賃貸経営すると考えた時、メンテナンスというものが必要になってきます。修繕や管理というものがどうしても求められるのです。しかし、ローサイド店舗運営の場合ですと、テナントに割り振るというものが一般的なスタンスです。

このことから、地主本人の管理業務の負担というものが軽く、ほとんど生じないのも大きな魅力となっているのです。

■メリットを把握することも大切
土地活用をする上で考えたいのはやはりメリットの大きさでしょう。いくつかの活用方法があるかと思いますが、ローサイドならではの魅力もあると認識しておくと良いでしょう。